キャッシングのシュミレーションを使うときの注意点

キャッシングを上手に使うには、事前のシミュレーションで返済の見通しを立てることです。
融資を希望する金額と金利、返済にかける期間を入れると、返済予定を確認することが可能です。
シミュレーションを使う時は、返済期日の入力に注意をしてください。
キャッシング会社によっては、月の返済日があらかじめ決まっています。
返済日の食い違いから、実際より長期間の借り入れ扱いになっていることもあります。
特にクレジットカード会社系で一回払いのキャッシングを考えている人は注意が必要です。
キャッシングして10日後には返済するつもりでいても、実際の口座から引き落とされる日は翌月など、ずいぶん先になることもあります。
最近ではキャンペーンなどで、一定期間利息0%のキャッシングもよくあります。
各キャッシング会社が決めている条件に返済額は左右されるため、ネット上のシミュレーションサイトには限界があります。
キャッシング会社であれば返済プランについて一緒に考えることもできます。
シミュレーションでの助言ももらえること期待できるでしょう。